ごえんもんトップページ > 鍼と灸 アキュラボ(ハリトキュウ アキュラボ) [ 石川県:医療]

2018年08月14日 只今 52 件のごえんもん掲載中☆

今月の 新着ごえんもん 0 件 今月の更新ごえんもん

石川県業種:医療

(ハリトキュウ アキュラボ)

鍼と灸 アキュラボ

『効くんだろうけど、鍼は怖い。鍼は痛い。だからイヤ。』

 

こうお考えの方は多いと思います。

 

大きな声では言えませんが、実は私も鍼が怖かったんです。

ええ、鍼灸師のくせに。

 

師匠にも叱られました。

 

 

『君はね、鍼灸師のくせに鍼が怖くてどうするの! 笑われちゃうよ!!』

 

『鍼灸師は鍼を刺す人間で、刺される人じゃないですもん!』

 

『................』

 

 

ここで会話は途切れてしまいました。

 

あの時の師匠の表情。

 

『このバカには何を言ってもムダだ。もう放っておこう。』

 

口以上に顔が物を言うというのは、こういうことでしょう。

 

今でこそ、鍼の力と効果をよく知っているので、

調子の悪いときには自ら進んで鍼を刺してもらいますが、

以前は、鍼の道を選んだ私ですらこうだったので、

鍼を敬遠する方のお気持ちはよく分かります。

 

現代の鍼の主流が、患者さんに極力痛みを感じさせない

無痛鍼や極細の鍼であるのも、きっと私のような方が多いからなのでしょうね。

 

 

では、当院の鍼はどうか...?

 

『え?  もう刺したの?  刺されてるのが全然わからなかった!』

 

なんてことはありませんねー。正直なところ。

 

でも、かと言って...

 

『痛ーい!  もう絶対イヤ! 二度とイヤ』

 

という方は、今のところいらっしゃいません。

 

『なんでわかるの? みんな黙ってるだけじゃないの...?』 

 

こうお考えですか?

 

いえ、それはないかと...

 

なぜなら、その後も当院にリピートして下さっているからです。

また、今まで施術中に飛び上がった方は一人もいらっしゃいません(笑)。

 

おまけに、私は患者さんに直接、『痛いですか?』 とお訊きしますが、

今までのところ、皆さん  『いえ、大丈夫です。』 とおっしゃって下さるのです。

 

 

当院の鍼の特徴を一言で表現すると、“ひびき” にあると思います。

 

師匠曰く、

 

『痛いとひびくは違う。痛いというのは、例えば叩かれたとか、

どこかにぶつけたとか、そういう時に使う言葉よー。鍼のひびきはこれとは違うよ。』

 

そして、さらに師匠曰く、

 

『ひびかないと効かないよ。』

 

そうなのです。

この ”ひびき” こそが当院の鍼の要、効果の源であり、

中国光緒皇帝のお抱え医師であった康先生の時代から

平成の今日、私の世代へ脈々と受け継がれてきた技法なのです。

 

ただ、ひびきと言っても、機械で刺激を加えるわけではなく

あくまで手技によるものなので、大したことはありません。

安心してくださいね。

 

 『それでもやっぱり怖いんだもん!』 という方は、ご遠慮なくご相談ください。

ひびきの量を調節しながら、一緒に症状を改善していきましょう。

 

ごえんもんトップページ > 鍼と灸 アキュラボ(ハリトキュウ アキュラボ) [ 石川県:医療]

▲このページのトップへ
Copyright © ごえんもん All Rights Reserved.