HOME > ゴエミ日記

ゴエミ日記

ツルツルすってんコロリ

今日はサンタに変身するゴン太です(^o^)

昨日、珍しく家族でボーリング場に行ってきました。

学生時代はよくボーリングやビリヤードなどして遊んだもんです。

HIスコアーは確か240点。大台に乗ったのは1度だけしかないけど、

その日は投げればストライクがでる、不思議な日でした。

周りのお客さんもザワザワしてて、気分はすっかりプロボーラー。

で、昨日は1ゲーム目が120点。2ゲーム目が135点。

すっかりゴンの腕も落ちました。。

ゴンのボーリングは今回どうでもいいんです。

主役はチビ達なので。

IMG_6587

で、一番下の姫はスベリ台みたいのもので転がすからいいけど、

三番目が、てんやわんやでした・・・

投げようとして後ろに飛ばすは。ミゾのフチに当って後ろに転がるは。

で、あげくのはてにはピンボールのように横にガクンガクンと転がったので、

マズイと思って慌ててレーンに入って取ろうとしたら、思いっきりコケました(笑

レーンの中に入ったのは初めてでしたが、おそろしい程にツルツルなんで

良い子は絶対入っちゃ駄目ですよ。

もうビックリする位スベリます。漫画でよくあるバナナの皮でバタバタするじゃないですか。

あんな感じで足をバタつかせながらコケました。

それはもう大注目を浴び、赤恥をかいたゴン太でした^^;

生クリームが教えてくれる、ものづくりの哲学

わっしょいどんどんです。

先週末、次男の通う小学校で 「親子クリスマスケーキ作り」 という企画がありました。

土曜日の朝か… 「ゆっくり寝てたいなー」 と心底思いましたが、息子はとても行きたそうです。

子供がこんな催しに参加したいと言うのも、きっと小さい間だけ。

「おし!行こうか!」 と宣言し、当日の朝は、いつもの週末とは打って変わってテキパキと洗濯物を干し、

いざ学校へ。

 

「どんなふうに作るんかな?」 と息子と色々想像しながら到着してみると…

スポンジケーキはすでに出来上がったのが用意してあり、

ホイップクリームも、実行委員の方がすでに泡立ててくれてありました。

デコレーションに使うフルーツもチョコレートも、きちんとスタンバイ。

なので、あとは各自が好きなようにデコレーションすればいいようになっていました。

 

うん。これは楽しそう。せっかく来たんだし、思い切り楽しもうじゃないか!

というわけで…

まずは黄桃をカットしてから、最下段のスポンジケーキにクリームを盛ります。

その上に黄桃を載せ、更にフルーツを覆うようにクリームを載せると、その上に中段のスポンジケーキを重ねます。

この段にも、まずクリームを盛り、みかんをふんだんに載せた後、クリームを。

最後に最上段のスポンジケーキをトップに据えると、ここからがメインイベント。

一番楽しいデコレーションです!

 

と同時に、一番難しいのもこのパートですね。

ケーキのトップと側面に、きれいにクリームを塗るのが大変なんです。

ケーキ屋さんみたいにとはいかなくても、できるだけスーッとムラなく塗れないものか…

案の定、息子と私のチームは大苦戦。どうしても、シワが寄っちゃうんですよね。

でもまあ、仕方がない。あまりいじり回すと傷口が広がる一方よ!これにて要安静。

 

デコレーション用のお菓子は色々ありましたが、次男が持ってきたのは、きのこの山、アポロ、マーブルチョコの3種類。

きのこの山を載せることで、何だか森らしい感じに。

ただ、そこに三角形のアポロと、色とりどりのマーブルチョコが加わることで、森の色彩に何となく毒気が…

ちょっと、けばいかも 笑。

 

それでも、何とか完成です!

うん。食べれば美味しいはず、きっと。甘いものばかりだし。ははは。

 

と、ここでふと隣の親子のケーキに目をやると…

まあ、とてもきれい!!! 

クリームがシワになってないし、トップのデコレーションもとてもおしゃれなんです。

フルーツも、私たちのようにすべてを中にサンドするのではなく、トップのデコレーション用に残してあって、

きれいに盛り付けてあるんです。

 

何より一番感心したのは、割り当てられたクリームをすべて使い切らないで、3分の1くらい残してあったことです。

なるほど!貧乏くさい我が家のように、「使い切らなきゃもったいない!」 なんて考えないで、

スマートにデコレーションできるだけを使ってるんですね。

 

話に聞くと、そのケーキをデコレーションしたお母さんは、ケーキ作りの経験がおありだとか。

うん、さすがです!

 

この光景に、私はふと思いました。

ケーキ作りって、文章を書くのに似てるなと。

 

何でもかんでも、あるだけ全部を盛り付けるのではなく、要らない部分をそぎ落としていく、

あるいは最初からゴテゴテに盛りすぎないこと。

そうすることがスマートな完成につながるんだなと。

ひょっとしたら、これって物作り全般に当てはまるのかも…?

 

うーん。いい勉強させてもらいました!

 

P.S. クリームを使い切ったケーキ、美味しかったです 笑。 見た目は別として 笑笑。

 

 

 

息抜き

ゴン太、昨夜はプロジェクトTOMBOYの勝見さんの所に取材に行ってきました。

相変わらずの軽快なトークに、気持ちが晴れやかになります。

ふとお店のカレンダーを見ると、12/9の暦にアンソニー来店と記載あるではないですか。

 

ゴン:アンソニーって誰?有名人?

勝:日本語が上手なイタリヤ人。ただバイクの知識が全くないんだよね(笑

 

お店には個性豊かな方々が来店されてます。

詳細はブログにて http://projecttomboy.blog46.fc2.com/

 

で、取材を終えた後、安く飲みに行きますかとなり、近くの居酒屋しんちゃんへ!

このお店、激安なんです。

アルコール90分飲み放題で1,350円。学生なら1,000円。

食い放題、飲み放題コースで2,500円。

隣の席では学生5人組が飲むは食うわで、もう店員さん忙しそうでした。

 

たくさん話して、ゴンも元気をもらいました\(^o^)/

それに勝見さんに負けてられないなぁとメラメラと炎が燃えたぎった夜でした。

とある仁義なき戦い

わっしょいどんどんです。

突然ですが、皆さん、ヘソクリしてますか?

私はしています。お金ではありませんが 笑。

 

何だと思います?

 

私のヘソクリは、冷蔵庫にあります。野菜室にこっそり隠しています。

くどいようですが、お金ではありません。

じゃあ何か…?

 

実はプリンなんです。

 

本来ならば、冷蔵庫の一番上の扉の中に入れておけばいいのでしょうが、そうはいきません。

我が家には子供が3人います。

お菓子やアイスが余ることは絶対にありません。

置いてあればあるだけ、まるでブラックホールのように子供たちのお腹の中に次から次へと飲み込まれ、

ものすごいスピードで消費されていくのです。

 

プリンなんて、子供たちにしてみたら、きっと飲み物なんじゃないでしょうか。

食べるのに1分も歯もいりません。よく噛んで満腹感を得るようなおやつではないのです。

 

例えば、プッチンプリンのように1パック3連のものなら、ひとつずつと言い聞かせて

子供たちの手の届くところに堂々と置いておけばいいのですが、

ひとつ100円以上するような、クリームがふんだんに載せてあるプリンの場合、そうはいきません 笑。

ひとりにだけ買うというわけにはいきませんから。買うのなら3人分買わなければならないのです。

 

ふん。いやだね。そんなことはしたくないね。たまにはいいけどね。

クリームがたくさん載ったプリンは独り占めしたいという、それでも親か、お前は鬼か、というほど欲まみれの私は、

キャラメルクリームが渦を巻き、その上からアーモンドが散りばめられているプリンを

どうしても冷蔵庫の一番上の扉の中にはしまっておけないのです。

 

で。どうしたか…? 

 

野菜室の引き棚の一番奥に隠しました 笑。 えのきの後ろに。プチトマトを隠れ蓑にして。

ふふふふふふふふふふふふ….

我ながら、なんと完璧で姑息な隠し場所だろう。まさか野菜の後ろにスイーツが眠っているとは思うまい。

どうだ参ったか!これが大人の悪知恵だ!大人になっても絶対真似するなよ!

 

ところが… 高笑いしていたのも束の間。

 

なんと!ある日、何か美味いものがないかと冷蔵庫を上から下まで漁っていた次男に、

あっさり見つかってしまったのです。

 

『あーーーー! プリンやーーーー! 母ちゃんずるーーーーーい! ヘソクリしとるーーーーー

おれ食いたーーーーーい!』

 

はぁ。 私の心のオアシスが… プリンは母ちゃんの恋人だぞ? 人生を分かち合うパートナーだぞ?

それを奪うのか? 母ちゃん一人だけ悪いとは思ってたけど、それでも母ちゃんはヘソクリしてでも食べたかった….

 

『わーーーーーーーーーい!』

 

私のダーリンが… キャラメルクリームが… 

 

その日以降、

 

『今日は母ちゃんのヘソクリないかなーーーーー?』

 

と、野菜室をチェックするのが日課になってしまった次男。

しいたけもインゲンも掻き分けて、私のハニーを容赦なく食べてしまうのです。

 

あの日以来、チョコレートクリーム、さらにモンブランクリームまでも奪われた私は、決意しました。

これ以上、人生の喜びを奪われてまたるか!

 

………………………………………………………..

 

今日現在、私の恋人たちは私とのランデブーを静かに待っています。

あの日、次男に暴かれた野菜室で。

考えようによっては野菜室は広いのです。死角があるのです。

隠れ蓑はニラ。ニラの束に守られて、今、ダーリンたちは引き棚の奥ではなく、

一番手前のボトルを収納できるスペースで縦に並んで出番待ちです。

 

さあ次男よ。このスイーツトラップを見破れるか?

無理かな、やっぱり?

ふはははははははははははははははははははははははははは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタイよぉ・・・

ご無沙汰してます、ゴン太です。

忘れもしません、あれは今から1ケ月前の事です。

小学校の文化祭を前々日に控え、何かと気も心も体もバタバタしていた11月6日、

そう、ゴン太がギックリ腰になった悪夢の日です。

それは突然やってきました。。。

小学校のド派手なピンクジャンパーを取ろうと、軽く腰を回した瞬間、稲妻が脳天に落ちました。

「あっっ・・・ うっ・・・・・ 」

もう痛くて声がでません。

何とか学校に行きましたが、やはり痛くてどうしようもなく途中で帰らせてもらい、

寝れば治るかなぁと夕方まで横になってました。

そろそろ起きようかと体を持ち上げようとしても、全く動けないのです。

動くと体がツルんです。

これはヤバイ!明日は文化祭の準備で朝早くから行かねば。

どうしよう、どうしようと考え近所の外科に行く事に。終了1分前で玄関もシャッターが締まりかける中、

どうかお願いしますと頭を下げ、診察してもらう事に。

「腰痛いでしょう。お尻に痛み止めの注射をしてあげるから」

そう言うと奥から、マジかよと思うほどの大っきな注射がでてくるではないですか。

もう冷や汗タラタラです。

この注射、刺す瞬間も痛いけど、刺し終わった後がジンジンと重い痛みがあるんですよね。

で、少しは楽になり翌日は腰を曲げておじいちゃんの姿で文化祭の準備を手伝いました。

もちろん当日も痛くて、腰曲げての挨拶でした(笑

 

で、もう1ケ月たったのですが、まだ痛いです。

昨日、久しぶりにジムで運動頑張りしぎたのがよくなかったのでしょうか。

皆さん、体は労りましょうね!

腰痛のゴン太からでした\(^o^)/