HOME > ゴエミ日記

ゴエミ日記

誘導尋問のススメ

4月28日付の北國新聞に、春の褒章の記事がありました。

 

紫綬褒章・俳優 宮本信子さん

 

宮本信子さんの作品といえば、『マルサの女』  や 『ミンボーの女』、 『スーパーの女』 など、

私は 『女シリーズ』 がとても好きです。どれも素晴らしい作品だと思います。

 

そんな私。

昨日の新聞記事を見た時には、ふと宮本さんの他の主演映画が脳裏をよぎりました。

 

『タンポポ』

 

1985年の伊丹十三監督の作品。

閑古鳥が鳴くラーメン店の主人タンポポが、行列のできる店を目指して奮闘するストーリー。

 

この映画の中で、タンポポが繁盛店のスープの秘密を探るシーンがあります。

 

『あら!このスープ、いつもと違うわよ!』

 

ラーメンを食べながらこう言うタンポポに、店主は思わず…

 

『いつもと同じだよ!』

 

それでも食い下がるタンポポ。

 

『あらそうかしら。いつもに比べて※♪◎■△‱◇』

 

正確なセリフは忘れてしまいましたが、いつもに比べて味が落ちていると主張するタンポポ。

 

『そんなことないよ!いつもと同じ○○と○○を入れて、○○したよ!』

 

まんまとタンポポの誘導尋問に引っかかり、思わずスープの材料と作り方をバラしてしまう店主。

 

とても面白く秀逸なシーンだと思いませんか…?

 

 

業界は違いますが、私はこれと同じようなシーンを再現した人を知っています。

 

何を隠そう… いえいえ、別に隠す必要はありません。

私の師匠です。

 

鍼灸師である私の師匠は、北京のお師匠様のところで6年間修業した後、東京で開業していました。

開業後も、北京と東京を行き来しながら、お師匠様に教わっていたそうです。

 

そんな私の師匠は、いつも心にある思いがあったそうです。

それは…

 

『先生は、私にすべてを教えてくれているのだろうか…?』

 

ということだったそうです。

 

できる限り、お師匠様からたくさんのことを学びたい。

そう思った師匠は、一芝居打つことにしました。

 

『先生、私は東京で開業しています。先生に教わった通りにやっているのですが、

あまり効果が出ないのです。』

 

もちろん、大ぼらです。

もしそうなら、6年間修業した挙句に、しょっちゅう東京から戻ってきて教えを請うなんてことはしません。

 

『何!? そんなはずはない! 一体どんな治療してるんだ!?』

 

自分の教えてきた鍼の技法が効かない!? そんなわけがあるか! そんなことは絶対ない!!

私の沽券とプライドに関わる!!!

 

というわけで…

この後、有難くも誘導尋問に引っかかってくれたお師匠様は、詳しく治療法を説明してくれたそうです。

 

意志あるところに、道はある。

そういうことなのねー。

 

 

繁盛しているラーメン店を食べ歩いていたタンポポ。

ある日、とある店の店主と言い争いになりました。

 

『やかましい!素人にラーメンのことが分かってたまるか!』

 

大声で怒鳴る店主にタンポポは…

 

『でも、ラーメンを食べるのはその素人よ!』

 

そうなのです。

お客様は素人なのです。

そして、それでいいのです。

 

鍼灸師として開業している私も、肝に命じておかなければいけません。

 

肋骨が何本あって、鎖骨がどこにあるか?

三叉神経はどこを通って、ランゲルハンス島は体のどこで何をしてるのか?

 

そんなこと、お客様にはどうでもいいことなのです。

つらい腰痛が治ればそれでいいのですから。

 

 

001

桜セラピー

こんにちは。わっしょいどんどんです。

 

うちの近所の公園の桜は、今が満開。

今日は4月28日だから、もう4月も終わり。

 

他の桜は早々と満開を迎え、その見頃を終え、お花見シーズンもすっかり終った今、

まだ、すべての枝一杯に花を咲かせる桜があることを、私はとても嬉しく思います。

 

いつまでも桜が見られるという嬉しさもありますが、

最近ちょっと気分が落ち込みがちの私は、この桜に何だか別の嬉しさを感じます。

 

他の桜から何歩も遅れて満開を迎えたこの桜。

うちの近所の公園に2本だけ咲いています。

他に仲間はいません。

ですから、キレイではありますが、壮観といえる景色ではありません。

 

観光地にあるわけでもなければ、桜の名所にあるわけでもなく、

新聞に開花予想が載るわけでもなければ、

遠くからわざわざ見に来る人がいるわけでもないこの桜。

 

一般的な白みがかった桜とは違う種類の桜で、

不勉強なので何という名前なのかはわからないのですが、

濃い桃色がまるで小振りのカーネーションのように開いた、とても愛らしい桜です。

 

他の桜とは種類も色も違う。咲くのも遅い。キレイだと多くの人に感嘆されるわけでもない。

 

それでも、毎年必ず満開に咲くのです。

決してふてくされることなく。堂々と。

 

もし近所の人たちが皆一斉にどこかに引っ越して、公園の周りに誰もいなくなったとしても、

きっとこの桜は毎年満開に咲き続けることでしょう。

 

もしこの桜が、桜の名所や有名な観光地に植え替えられて、他の種類の桜と一緒に並んだとしても、

きっとこの桜はいつもと変わらないまま咲き続けることでしょう。

 

周りの桜がどんな桜であっても、自分の種類、色、形を決して忘れるこなく、お日様に向かって精一杯咲き、

そして、自分のペースで満開を迎えるのです。

 

 

『かあちゃん、これ。』

 

昨日、次男がこの桜の枝を私にプレゼントしてくれました。

立派に咲いている桜の枝を折るのは気の毒だから、そんなことをしてはいけないと

口元まで出かかったのですが、そこはまだ1年生のすること。

 

『きれいだから、かあちゃんにあげよう』

 

こう思ってくれた次男の気持ちをまずは汲むことにして、有難く頂戴しました。

桜さんにお気の毒じゃない? という考えについてどう思うかは、これから次男と話し合うことにしましょう。

 

きっと、花は自分のために咲くんじゃないでしょうか。

たとえ誰が見ていようがいまいが、たとえ誰にどう思われようが、

自分の一番美しい姿を、自分が最も美しく咲ける時期に合わせて満開にする。

 

周りから見て、自分はきれいかどうか?

そんなことは思いもよらず、ただ精一杯咲いてるのでは…?

 

世間ではとっくに過ぎ去ったお花見シーズンのずっと後、

褒めちぎられた他の桜とは種類も色も形も違ううちの近所の桜は、そんな違いを全く意に介する様子もなく、

『それがどうした!私、今が一番きれいなんです!』 と言わんばかりに誇らしげに満開を楽しませてくれています。

 

いつどんなふうに咲こうが、桜は桜。

先に咲いた桜を羨ましいと思うことはない。

それぞれ満開の時期が違うだけのこと。

 

とても大切なことを気づかせてくれた近所の桜。

気分が沈みがちな私を、どんな言葉よりも励ましてくれました。

一言も喋らない桜が、どうしてこんなにも雄弁なんだろう。

本当にありがとう。

 

003002

やっぱり鍼が好き♡

わっしょいどんどんです。

 

ここ2カ月ほど、とても忙しかったせいか、先月とうとうインフルエンザでダウン。

 

インフルでダウンなんて、そんなことあったかな….

あったとしたら、中学生の頃のあれだったかな…

 

というくらい、インフルエンザとは無縁な生活をしてたのに。

 

まるまる一週間寝込みました。

 

熱が上がったり下がったり、まるでジェットコースターか、あずき相場。

苦しいわ。食べられないわ。洗濯物は溜まるわ。

 

やっと熱が下がったと思ったら、今度は頭痛に襲われ。

これが本当に厄介で、少ししゃがんで頭を上げると、首から上がガンガン痛む痛む。

 

床のゴミを拾って捨てるだけで…

 

『うわー!!!』

 

 

これが、インフルの後に1週間以上続いたのです。

ええい、呪われとんのか!!

健康って、本当にありがたいものだったのね!!!!!

 

人間、我慢は続きません。

極度のダイエットが、極度のリバウンドで終わってしまうのは、そのせいです。

 

もう辛抱たまらん!! これ以上耐えられるか!!

 

と、いうわけで。

鍼灸師の私。とうとう師匠に鍼をお願いしました。

 

『はいよー。』

 

快く応じてくれた師匠の鍼は、よく効きました。

 

今回の教訓。

人間、無理はきかない。たとえきいたとしても、それが何? 後から必ずツケが回ってくるのね。

体とは、人間とは、そういうものなのだと痛感しました。

 

“やっぱり鍼が好き。”

 

今回私を助けてくれた鍼に感謝を込めて、こう書いたTシャツを作ることを思案中。

 

でもでも。同じ針でもお裁縫の方はどうかというと…

先日、息子の体操服にゼッケンを縫いつける作業中に、針が私の指に思い切り刺さってしまい…

 

『うわー!!』

 

結局叫ぶわけね?

いい湯だなぁ~アハハン♪

温泉大好き、ゴン太です。

私は小さい頃から、週末には家族で銭湯に行ってたので、

今でも週末や、ストレスが溜まった時は、温泉(銭湯)に行って癒やされに行きます。

石川県は全国でも有数のスーパー銭湯がたくさんある県です。

私が好きな温泉(銭湯)は、何よりも泉質が良い所です。

そこに、サウナがあれば最高です。

 

ここで勝手に、ゴン太オススメの温泉(銭湯)を発表します!

ねぶた温泉 (輪島)

アルカリ温泉では、日本のベスト5に入るほどの良質な温泉。

私が初めて入った時には、あまりのヌルヌル感に、ローションでも入ってるのかと思うくらいでした。

特に外傷には驚くほど効き目があり、ここで何度も助けられてます。

※入浴時間 9:00~22:00 大人700円(15時以降は800円) 子供・幼児500円

http://www.notonosho.co.jp/onsen.htm

 

白山里 (白山市瀬波子)

白山麓の自然の中にひっそりとある温泉です。

ここは十年ほど前に、たまたま温泉好きなお客さんからオススメされたのですが、

ひっそりとした感じがとても癒やされます。もちろん、温質もよく、お肌がスベスベになります。

また、田舎料理も美味しく、親も温泉・料理とも気に入ってるので、年に何回かは、家族で癒されにきます。

※入浴時間 9:00~22:00 大人430円、 子供200円 幼児無料

http://www.hakusanri.com/about/index.html

 

温泉好きな方なら、是非一度、足を運んで見てくださいね(^^)

休日は家族と過ごす時間を大切に

こんばんは、ゴン太です。

何度も言いますが、我が家は4人も子供います。

子供たちは、毎日ケンカし、暴れまわり、我がまま言います。

だから家の中は毎日が騒がしいです。。

それなのに、平日は仕事を理由に、子守はほぼ、嫁さん任せ・・

 

子育てって、経験ある方なら分かると思いますが、

かなり大変でストレスも溜まります。

自分の時間はあまり取れず、母乳期間なら、お酒やコーヒーなどの嗜好品も取れません。

ちなみに、嫁はお酒もコーヒーも好きですが、ずっーと我慢してます。

たま~に、コーヒーなら薄くして牛乳入れて飲むこともありますが、大好きなお酒はずっーと我慢してます。

今も一番下の愛娘は母乳なので、我慢継続中です。

ある意味、自分を犠牲にして子育てしてもらってると言っても過言ではありませんm(__)m

 

だから、休みの日はなるべく、嫁さんや子供たちとの時間を作ってあげたく心掛けてます。

気晴らしにドライブしたり、公園でピクニックしたり、温泉に行ったりと。

 

でも、たまに思います。

今、何気なく過ごしてる家族の時間が、後で振り返った時に、最高の幸せな時間だったと気付くのだろうと。

笑ったり、ケンカしたり、歌ったりしてる今の時間が、かけがいのない思い出になっていくんだろうって。

 

子供の成長は早いです。もう後何十年後かには、親が誘っても遊んでくれないでしょう。

だから、今は出来るだけ子供たちと家族の時間を大切にしたいなぁって思ってます。

 

ちなみに、今日は福井県のエンジェルランドで遊んできました。

パパも、ちゃっかり楽しんでます(テヘ)