HOME > ゴエミ日記

ゴエミ日記

Favorite Songs

こんにちは。ゴエミです。

みなさんはFavorite Songsをおもちですか?

今から約9年前。

ゴエミが東京の会社を辞めて、金沢に返ってきたばかりのことです。

19歳の時から7年間、金沢を離れていたので、

知っている人と言えば、家族と近所の地元おばあちゃん、おじいちゃんと幼馴染。

そして、中高の友達2人。

まさに右も左もわからない状況で、

可能性もたくさん感じたし、

不安もたくさん感じていたまさにその頃。

今となっては超トップスターとなったAIのLIFEという曲を

よく聞いていました。

*************************************************************************************************

『LIFE』

歌手:AI 作詞:AI・stephanie Stokes Fourtune 作曲:AI・stephanie Stokes Fourtune

あきらめることは簡単だろう

でも絶対に手に入れたいものがある

だから今は何を言われても

恐れず進むしかない

時々手離され不安になるだろう

でもその手にぎってくれる人もいる

だから今は何が起こっても

自分を信じるしかない!

*************************************************************************************************

続きはこちらで。

http://www.uta-net.com/movie/78607/

今日、この曲が何故か頭の中で再生されたので、

久しぶりに聞いてみました。

当時の私から、また何年か経って、

その間に色んなことがあって、

改めて聞いたときに、

なんというか、みぞおちのあたりに

ぐっと力が入るような感覚を感じて、

「感動」でもなく、「感傷」でもなく、「郷愁」でもなく、

とにかく、何か大きな雑念を振り払えた気がしました。

(スピリチャルな話じゃありません。w)

おそらく、これまでの経験をとおして、

世に言う「成功している」人が

のらりくらりと成功しているわけではなくて、

何かを奪われたり、苦しんだりしつつも

歯食いしばりながら、それを乗り越えて、

決して負けずに1ミリずつでも前に進んでいることを

ようやく少しずつ知る事ができた「今」、

それでも、それを自分に置き換えると

時折くじけそうになる事がある「今」、

『LIFE』を聞いて、

大海にイカダで乗り出すことに何の躊躇もなかった

当時を思い出して、

とりあえずどうでもいいことが本当にどうでもよくなったのだと思います。ハイ。

前へ前へとひた走るのも大切ですが、

たまには昔よく聞いた曲を引っ張り出して、

当時の情景を思い出すのもいいことかもしれません。

ゴエミはこれで脳内キャッシュをクリアできたようです。

草むしりって

庭に家庭菜園を始めました。

野菜は、ナスビ、トマト、ピーマン、キュウリ、ゴーヤ、ズッキーニ。

あと、トウガラシを2種類。

ハーブのバジル、コリアンダー、クレソン、ミント、ローズマリー、イタリアンパセリ。

そして、レモンの木を植えました。

雑草が伸びてきたので、

昨日、今日と朝早く来て、草むしりをしています。

草むしりっていいですね。

「無」になります。

野菜たちの成長を見ていると

色々と気付くことも多いです。

しかも、小一時間ほどウ○コ座りなので、

足首が超柔軟体操されます。

いいことずくめ。

そんな折、一昨日のことです。

苗ではなく、種から育てたズッキーニ君。

やっと、やっと大きくなり始めたのに、

ちょっと目を離したすきに、

あいた囲いの隙間から、番犬のレオ君が侵入。

あっ!と思う間もなく、

体重40キロの巨体がズッキーニ君をグワシャッ。

根元からポッキーンと折れてしまいました。

そして、コラーッ!という声とともに、

ピューーと、どこかに逃げて行きました。涙

あーあ。あーあ。Orz

せっかくここまで育ったのにーー。

愛しいズッキーニ君。

ゴエミは、未練がましく、

折れたところをくっつけて、支柱で支えてみました。

くっつかないかなー。くっつくわけないかー。と思って。

そして、今日、奇跡がおきました。

草むしりをしていると、

あれ?ズッキーニ君が支柱に頼らずに立っている。

あれ??しかも、まだ元気だ。

あれ??もしや。。。

そう思い、折れたところを

恐る恐る触ってみると。。。

くっついてるーっっ!すごーいっっ!

ズッキーニ君、強し。

折られても立ち直りました。

ゴエミ感動。

人生色んな事がありますが、

ズッキーニ君のようにたくましく生きねばですね。