HOME > ゴエミ日記

ゴエミ日記

やりたいことが見つからない

「やりたいこと(仕事)が見つからない」

近頃、そんなことを10代後半から20代、

さらには、ゴエミと同世代のアラサーの人でさえ!

聞きます。

そう言う人たちは、

大抵、活き活きと働いている人に対して、

「いいよねー。やりたいことが見つかって。」

って言ってます。

ゴエミも「いいよねー。起業してうまくいって。」って言われます。

その、やりたいことが見つからなくって私、不幸なんです。

的なノリに、ゴエミはいつも違和感を覚えていました。

でも何故、違和感を感じるのかが分からずにいました。

しかし!つい最近、その答えが見つかりました。

岩盤浴で、ダラダラ漫画を読んでいた時のことです。

「サプリ」って漫画が面白くて、

読んでいたときに、

新入社員からの質問で、

「配属された部署の仕事が自分が、

やりたいと思う仕事でなかった時はどうするんですか?」

といったような質問に、主人公は

「あなたがやりたいと思う仕事が、

この世にあらかじめ存在しているワケがないとおもいますが。」

と切り返すんですっ!!かっこいいーっ!

なるほど。しっくりきました。

そうなんです。ゴエミにしても、

そこにやりたい職業があったわけではなく、

与えていただいた環境と

出会った仕事をやろうと決めて、

とにかく一生懸命突き進んできたのでした。

そしたら、それが職業になっているのです。

きっと、イチローにしても、

小学校の時に野球に出会って、

一生懸命やろうと決めて、

そして、一生懸命頑張って、

モノにして、野球選手になっているのです。

サッカーに出会っていたら、

サッカー選手だったかもしれません。

出会って、決めて、一生懸命頑張って、モノにして、

職業というのは、できるのだと思います。

なので、例えば、「パティシエ」という職業に出会って、

次の日から、「パティシエ」には、なれないのです。

「やりたいことが見つからない。」と言う人は、

出会って、決めて、一生懸命頑張って、モノにして、

の流れの、出会いで満足することを求めているのかもしれません。

言ってみれば、

「俺様を満足させるような、仕事よ出てこい!」って言っているようなもんですもんね。

そりゃ、あらかじめないわな。

飽食の時代の弊害かもしれません。