地球を巡る動脈と静脈

セブンイレブンの100円スナックにすっかりはまり、毎日ピーナッツチョコやらを食べながら、

そのうち鼻血でも大量に出たらどうしようとドキドキしつつも、結局止められないAG高橋です。

 

 

 

1月28日の外務省のtwitterで会宝産業さんが取り上げられました!

https://twitter.com/MofaJapan_jp

※スクロールしてご覧くださいね。

 

 

 

『匠(たくみ)の技術、世界へ
アフリカの環境改善に貢献する日本流リサイクル
~石川県の中小企業がナイジェリアに環境配慮型の自動車リサイクルを導入~』

 

 

ナイジェリアの人口はおよそ1億7000万人。アフリカ最大だそうです。

この国の車の数は1000万台以上。

路肩に放置されたままの廃車が多く、交通事故や犯罪などの原因になるので問題になっています。

廃車も解体し、部品化していけば資源になるのですが、

現地ではそのようなリサイクル技術が整っているとは言えなかったそうです。

 

 

 

「廃車」 「車の部品」 「リサイクル」…….

 

 

 

これってもしや…..

 

 

 

そうです!このキーワードなら、会宝産業さんの出番です!

会宝産業さんには、この分野で培ってきた豊富なノウハウがあります。

 

 

 

「2010年、UNIDO (国際連合工業開発機関) 本部の一行が当社を訪問された際、

当時ナイジェリアのUNIDO代表を務めていた日本人の方からナイジェリアの放置車両の問題を聞かされ、

『ぜひナイジェリアに進出してほしい』 との要望を受けたことがきっかけでした。

目標は、環境配慮型の自動車リサイクルの確立と現地の雇用創出です。」

 

 

 

専務取締役の馬地克哉さんは、現地で自動車のリサイクルビジネスに乗り出した経緯をこう語りました。  

 

 

 

 

kaihou

 

 

 

現在、地球上にはおよそ11億台の自動車があり、

そのう ちの3億5000万台が日本車だと言われているそうです。

 

 

 

「日本車の後始末は日本人がつけるべき」

 

 

 

会宝産業さんが今回の事業に乗り出した背景には、近藤典彦社長のこんな思いがあるといいます。

 

 

 

「動脈産業」 = 様々な資源を利用して製品を作る産業

「静脈産業」 = 動脈産業の結果もたらされた環境への負荷を、リサイクルなどで軽減する産業

 

 

 

日本は経済成長と共に、すでに環境問題やゴミ問題を経験しています。

この国が取り組んできた課題に、今現在取り組んでいる国があって、

その問題の解決につながる知識や技術を提供できる会社があるという事実には希望があります。

大きなビジネスチャンスもあります!

 

 

 

「今後は、ナイジェリアの行政機関と連携して、現地での技術教育にかかわるとともに、

貧困層を巻き込んだ自動車リサイクルビジネスを展開していきます。」

と馬地さんはおっしゃっています。

 

 

 

この世に車がある限り、会宝産業さんのビジネスは、国も海も大陸も超えて、

地球上どこまでも広がっていく可能性に満ち満ちています。

 

 

 

何だかワクワクしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っている人だけがトクをする車の話

アーモンドフィッシュをマイブームに仕立て上げ、日々カルシウム摂取をもくろむAG高橋です。

皆様、突然ですが。

覆面調査員というのをご存知ですか?

店舗に客として来店し、調査員だとは気づかれないよう、その店のサービスや味、

スタッフの対応や店舗の雰囲気などを観察し、レポートする人のことです。

 

私、AG高橋、実はたまにやってます。

店舗から帰宅後、レポートを書くんですが、レポートを書くにあたっては、こんなお願いをされます。

 

「スタッフさんの良かった点を書いてください」

 

覆面調査を主催している会社曰く、

 

「スタッフさんはレポートを読むのを楽しみにしています。あまり悪いことばかり書いてあると、

スタッフさんの仕事への意欲がなくなってしまいます。」

 

とのこと。

もちろん、改善して欲しいと思う点も書くんですが、それよりもまず良い点を挙げて欲しいと。

 

なるほど。

ということは、つまり。

お客さんの声って、現場のスタッフさんを天国にも地獄にも連れていけるということですね…?

 

 

会宝産業さんは、先日、お客様からこんな声を頂いたそうです。

 

そのお客様の車は、走行距離が10万kmを超えそうで、故障や交換も多くなったため、買い替えようと決意。 

でも、車はもうボロボロで下取りにも出せず、スクラップにするしかなかったそうです。

 

ただ、この方は会宝産業さんのことを知っていました。

 

会宝産業さんは自動車の中古部品を海外に輸出しています。

これによって、自動車の廃棄物を減らすことができますし、

海外の日本中古車の修理ニーズに対応することもできます。

つまり、自動車のリサイクルですね。
 

なので、このお客様は、本来なら廃棄処分でお金を払わなければならないけれど、

この会社なら、自分の車を「材料」として買い取ってくれるかも?と考えたのでした。

 

「よし!やってみよう!」

 

実際に行動に出たお客様。
 

 
 〝どうせ、5000円とかだろーなー
 「0円です!」とか言われたらどーしよー
 それでも処分に10000円かかるのを考えればマシかー”
 

なんて思いながら、HPから見積り依頼を出したそうです。
 

 

さて、その結果は………..
 
 

 

 なんと!28000円!
 

 

〝あらー!って感じ(笑)
改めて、面白いビジネスだなーと感心しきり。”

 

だったそうです 笑。
 

そのお客様は、最後にこう締めくくっておられます。

 

〝皆さん、わりとオススメです。
少なくとも、僕は大満足でした。”
 
 

どんな職業であれ、働く人間にとって一番嬉しいこと。

それは、もちろんお金をもらえることだと思います。

でも、きっとそれに負けないくらい嬉しいのは、お客様に感謝されることではないでしょうか?

お客様が笑顔で 「ありがとう」 って言ってくれたとき。

「ああ、この仕事、頑張って良かったな」 って素直に感じませんか?

 

やっぱり、やりがいや励みって大事です。

 

ちなみに、私の車はとっくに10年以上経った中古で、助手席のロックは壊れています 笑。

売るときは、絶対に会宝産業さんに見積もりをお願いするつもりです。

 

お車を売ろうかな?とお考えの方、まずは こちらから お見積りを!

 

 

 

自動車の廃油が健康にいい訳とは?

半分に切ったアボカドの大きな種をくり抜いた後、その種の周りについた果肉がもったいなくて、つい種に口をつけてしまうAG高橋です。

 

今年の梅雨って、一体どうなってるんでしょう?

もう終わっちゃいました?

それともまだ来てないんでしょうか…?

 

とにかく毎日暑いですね。

夏のような気温がこうも続くと、体にこもった熱を外に出してくれる食べ物を体が自然と欲しませんか?

例えば、キュウリやトマトなどの夏野菜。

『今日は疲れたな』 と思った時は、お肉もいいですが、色の濃ーいお野菜で栄養を補給して、体を喜ばせてあげましょう。

 

さて、いきなりですが、ここで問題です。

Q.会宝産業さんは、何をしている会社でしょう?

 

a. 自動車のリサイクル業

b. ラーメン屋

c. 農業

d. ジュエリーショップ

 

会宝産業さんをご存じの方なら皆さん、 『そんなん、aに決まってとるやんけ!』 とお答えでしょう。

ピンポーン。正解です。

しかし!会宝産業さんには、実はもう一つの顔があるのです。

 

きっかけは、社長のこんな考えから。

『うちにはたくさんの社員がいる。いずれみんなが定年となった時のために、新しく働く場を用意しておこう!』

『みんなには定年後も元気でいてほしい。それには、どんな仕事がいいだろう…?』

 

そして社長は閃きました!

 

これだ!!!

 

①朝は早起きする仕事

②日中は体を動かす仕事

③だから夜は早く寝る仕事

④結果的に健康的な生活を送れる仕事

 

そう!社長が思いついたのは、農業なのです。

 

会宝産業さんでは、自動車をリサイクルすることにより、毎年10万ℓもの廃油がでます。
(廃油といっても、エンジンオイルなどでガソリンではありません)

そこで、再利用できない廃油を何かしらの形で使えないか、と考えて考案されたのが 『廃油ボイラー』 です。
カイホウ農園さんでは、この 『廃油ボイラー』 によって温室を温めて、トマトの栽培をしています。

働きたいと思う人には、場所を提供したい。

社員にはずっと元気でいてもらいたい。

資源を無駄なく使いたい。

 

そのためには何ができるだろうか?と考えた結果、

『廃棄するオイルからトマト』 という新しい恵みを得る事ができたのです!

 

 

kaihou farm

 

ご存じですか?

実はトマトって、すごいんです。

 

トマトを象徴する赤い色素成分リコピン。

その抗酸化力は、同じカロチノイドの仲間であるβカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上とも。

リコピンの抗酸化作用などが働いて、トマトを食べると糖尿病や大腸がんの発症リスクが下がるという研究もあります。

 

それだけではありません。

疲労回復や、脳卒中のリスクを大幅に減少させるという効果も。

様々な効能の中、特に見逃せないのが、『脂肪燃焼効果あり』 との研究結果です。

つまりダイエットにもいいんです!

 

 

 

大事なことなので、もう一度言いますよ?

トマトはダイエットにもいいんです!

 

 

また、トマトと言えば美肌効果を代表する野菜でもありますね。

シワや日焼け予防にも効果あり。

これからの季節、紫外線からお肌を守るためにも、食卓には欠かせないお野菜なのです!

 

pics_nogyo

 

ちなみに、同じトマトでも、大玉よりミニトマトの方が栄養価が凝縮されているそうですよ。

せっかくトマトを食べるなら、地産地消でいきましょう!

カイホウ農園さんが作っているトマトはこちらから購入できます。

 

P.S.会宝産業さんでは、『宝志米』 というお米も販売なさっています。

地元石川県の宝達志水町という、水が美しく自然豊かな地域で栽培されています。

農家さんの谷口さん、宮本さん、筧さんによって大切に育てられたお米は、

地元飲食店だけでなく、首都圏からもわざわざ購入なさる方がいるくらい美味しいお米です。

 

最後になりましたが…

上のクイズで、b. ラーメン屋 あるいは d. ジュエリーショップ を選んだ方。

残念ながら不正解です…

〇〇〇〇を制する者は日本を制す?!

ウォーキングマシーンで歩行中、いきなり速度が変わり、危うく転倒しかけた挙句にかかとを挫いたAG高橋です。

 

 

テレビのワイドショーでよく聞くフレーズに、こんなのがあります。

 

『あの人がまさかね~。信じられない!道で出会っても、ちゃんと挨拶する人でしたよ。』

 

例えば、血迷ったどこかのおじさんが銀行強盗を働いたとしましょう。

逮捕されたそのおじさんの周辺を取材していると、上記のようなセリフが出てくることがあります。

 

さて。

もしこのおじさんが、普段からご近所づきあいのあまりよくない人で、

ご近所さんとまったく挨拶を交わさない人だったらどうでしょう?

きっと、こんなことを言われるような気がします。

 

『やっぱりねー。なんか胡散臭い人だと思ってた。道で出会っても、ろくに挨拶もしないんだから。』

 

 

やったことは同じです。

それなのに、普段から挨拶ができるかどうかで、ここまで印象が変わってくるかもしれません。

 

挨拶というのは、実に恐ろしいものです。

 

「おはようございます。」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」「ごめんなさい」「おかげさまです」

 

それぞれ発するのに1秒もかからない、こういった言葉の数々が毎日の生活に少しずつ作用していき、

やがて習慣となり、そのうち人生を左右することになるのではないでしょうか?

 

会宝産業さんでは、この、「挨拶の持つ力」というものを十分認識なさっています。

それを証拠に、「あいさつ日本一」宣言を掲げています!

金沢一でもなければ、北陸一でもありません。

 

日本一です!!!

 

そして、こうおっしゃるのです。

『会宝産業で働く社員の基本中の基本です。今年入社した新入社員も、まずは徹底的にあいさつについて学びます。

入社以来毎朝続けている挨拶訓練。日を追うごとに大きな声が出るようになって来ました!一日一日会宝人としての自覚も身についています。』

 

 

kaihou1kaihou2

 

『あの会社の〇〇さんは、挨拶がいいよね』 vs. 『あの会社は、みんな挨拶がいいよね』

 

この違いは、とてつもなく大きいと思います。

 

先日、「あいさつ日本一」を掲げる会宝産業さんが、普段から培っている「挨拶力」を発揮する機会がありました。

4月17日、第10回青年塾リーダーセミナーにご参加の45名が会宝産業さんを訪問なさったのです。

 

青年塾は、長年、松下政経塾の塾頭を務められた上甲晃さんが、志高い日本の若きリーダーを育てようと19年前に創設された塾で、

現在では全国各地に約1,500名の塾生がいます。

今回はその歴代塾生の中でも全国のリーダーが集まって開かれる「リーダーセミナー」として会宝産業さんにお見えになりました。

 

青年塾は人格を魅力的なものにすることに心血を注いでいる塾です。

並大抵のおもてなしでは、感動してもらうことはできません!

数日前から「準備の準備」を始め、当日は「日本一のあいさつ」はもちろん、お迎えから靴の並べ方、

お見送りに至るまで出来る限りのおもてなしを心がけました。

「上甲様が来られる」。

それだけで「どうすれば喜んでいただけるかな」「感動していただけるかな」と、社員一人一人が考え、計画する。

素晴らしい機会だったとのことです。

 

 

kaihou3

 

イベントの準備は、時間があればできるのでしょうが、挨拶というものは、そうはいきません。

2~3日前から練習して身に付くものではないのです。

そこが挨拶の一番恐ろしいところではないでしょうか。

 

挨拶ができる。

挨拶ができない。

 

どちらであっても、習慣化している方が、いざというときに表に出て来るものです。

 

あいさつは、してもされてもお金もかからなければ、税金も取られません。

全部タダです!

しなきゃ損、損!!!

 

まずは家族から。

お互いの顔を見て、「おはよう!」から始めませんか?

 

AG高橋、とりあえず「家族一」を目指します!

 

P.S. 会宝産業さん恒例、第8回「いいねグランプリ」の審査が始まりました。

今回はどのチームが、お客様の心をガシガシっとわしづかみにしたんでしょうか?

はて…? 「いいねグランプリ」とは…?

こちらをご参照ください♪

やりたいことはやらせるぞ!

毎年4月に入るまでは絶対にスノータイヤを外さない、AG高橋です。

 

そろそろ春ですね~。

3月半ばを過ぎても雪がちらつくことがありましたが、やっぱり新しい季節の訪れを肌で感じます。

桜はまだかいなー。

 

さて皆様。

年度末ですね。

ということは、あっという間に新年度ですね!

 

会宝産業さんでは、今年の桜を迎える前に、もうすでに来年の春を見据えています!

 

 

◇会社説明会開催のお知らせ◇

●2016年卒業予定者を対象に会社説明会を開催します。

●会宝産業は「世界で初めてのことをしよう!」と真剣に考えている会社です。だから能力より人間性重視です。

 

社長の口癖は「やりたいことはやらせるぞ」です。

※一昨年「アフリカに行きたい」と新卒で入社した女性は、昨年9月からガーナに赴任しています。
※昨年「海外で働きたい」と入社した25歳の男性は、12月からUAEに赴任しています。

その方たちの現地レポートは ⇒ こちら から♪

現在事業拡大に伴い、新しい仲間を募集しています!

 

 

会宝産業についてもっと知りたいという方は、是非会社説明会にご参加ください。

また、新卒のお知り合いがいらっしゃる方は、ぜひ会宝産業さんをご紹介ください!

 

 

■会社説明会開催日程
①2015/03/28(土) 13:30~16:00
【開催場所】石川県金沢市(会宝産業本社)

②2015/04/11(土) 13:30~16:00
【開催場所】石川県金沢市(会宝産業本社)

③2015/04/25(土) 13:30~16:00
【開催場所】石川県金沢市(会宝産業本社)

 

お申込みはリクナビ2016よりお願いいたします。
http://job.rikunabi.com/2016/

 

 

それにしても。

社長の口癖が「やりたいことをやらせるぞ」

その結果が、「やりたいことをやらせてもらえる」会社。

 

こんな会社、そうはありませんよ?

少なくても、私は身近で聞いたことがありません。

 

しかも会宝産業さんの場合、勤続十数年の社員さんのお話ではなく、

新入社員のうちに、すでに「やりたいことをやらせてもらっている」のです!

 

私、AG高橋、のけぞって椅子から滑り落ちそうになるくらい羨ましかったですよ、ええ。

 

人間、やりたいことがやれること以上に幸せなことがあるでしょうか…?

 

ある人がこう言いました。

「働くとは、自分の人生の時間を切り売りすることだ。」

 

社会人になれば、人生の持ち時間の多くを仕事に捧げることになります。

1日のうち、起きている時間の3分の1~ほぼ半分、

人によってはそれ以上を仕事に費やすことになるのです。

 

だからこそ、仕事には夢と喜びが必要なんです。

人間、嫌なことは続きません。絶対に。

 

頭では分かったつもりで一時的にごまかすことはできても、

どっこい体はウソはつけないものです。

 

ウソで固められて納得したふりを続けた心と体は、

早かれ遅かれ、不調や病気というサインで応酬を始めるのです。

 

だから皆さん。やりたいことやりましょう。

仕事 = 「生活のため。家族のため。」

こう思うなら、なおさらです。

 

もうそこまで来ている春本番は、夢と喜び、それから希望を感じるのにふさわしい季節だと思いませんか…?

 

 

会宝産業さんの会社説明会は、リクナビ2016からお申込みいただけます♪

http://job.rikunabi.com/2016/