作成者別アーカイブ: 高橋喜代子

最高に幸せ

わっしょいどんどんです。

 

「店長がソフトクリーム食べに来ていいって。」

 

私の長男は高校生なんですが、先週アルバイト先でこう言ってもらったそうです。

息子がアルバイトをしているお店では、ソフトクリームを出しています。

もちろん、ソフトクリームを作る機械はお店でも掃除するのですが、

定期的に業者さんに来てもらって、徹底的にきれいにしてもらうのだそうです。

 

 

業者さんが掃除した後に作るソフトクリームは、いつも以上になめらかで美味しいとのこと。

それを知っている店長さんは、バイトの日でも給料日でもないのに、

「食べにきていいよ」 と息子に言ってくれたのでした。

 

いやー。なんて太っ腹な店長さんなんでしょう。

母ちゃんは感激しました。

 

しかも。

息子に弟と妹がいることを知っていた店長さんは、なんと!

 

 

「弟と妹を連れてきていいよ。」

 

 

こうまで言ってくれたのです。

 

 

「ほんとにいいんかな…」

 

 

お店にしたって、ソフトクリームはご商売で出しているわけですから。

バイトさせてもらっている長男だけならまだしも、次男や娘までご馳走になるなんて…

 

 

「母ちゃんもダメかな? お姉ちゃんの振りして。」

 

 

この女…

何を根拠にそれが通ると思うんだ、お前は。

図々しいのをとっくに通り越して、怨念が乗り移った化け物じみとるわ。

 

欲しけりゃ、買え。

それが大人というものだ。

 

 

「ほんとにいいんかな。店長さんにもう一回、訊いてみて。」

「うん。わかった。多分、大丈夫やと思うよー。」

 

 

部活がなく、いつもより早めに帰宅した長男。

次男と娘も一緒に車に乗せて長男のバイト先へ。

 

 

「きちんとご挨拶してね。ちゃんとお礼言うげんよ。」

 

 

次男と娘に言い聞かせました。

 

長男を先頭に、3人はお店の裏口から店内へと入っていきます。

何があっても姉では通らない私は、3人の背中を車の中から見送りました。

 

しばらくすると、出てきた!出てきた!

それぞれ、ソフトクリームを手に持っています。

 

 

「ちゃんとお礼言った?」

 

 

そこが一番気になるところです。

 

 

「うん。大丈夫。俺が挨拶とお礼、ちゃんと言わせたから。」

 

 

よしよし。

ありがとう、長男。

 

 

お店の近くには公園があります。

 

 

「せっかくやし、公園で食べたらどうやいね?」

 

 

みんなで、ぞろぞろと公園へと入っていきます。

 

 

「俺、昔ようここで遊んだなー。」

 

 

ソフトクリームを食べ終えた長男が、木登りを始めます。

 

 

「ちょっと、あんた!制服破れたら困るわ!制服って高いげんから!やめなさい!」

 

 

次男と娘は公園の中を、ソフトクリームを片手に走り回っています。

こら。落ち着いて食べんかい。溶けるぞ。

娘のソフトクリームは溶けだして、ワッフルコーンの下へとつたっています。

 

その公園は、すぐそばに海があるので、そちらにも行ってみることに。

海のそばには、野外ステージと展望台があって、地元の子供たちの遊び場になっています。

 

 

「母ちゃん、展望台登ろー。」

 

 

次男からのお誘いです。

 

 

「俺、昔ようここ登ったなー。」

 

 

長男が、展望台の下からよじ登ろうとしています。

 

 

「ちょっと、あんた!制服破れたら困るわ!制服って高いげんから!やめなさい!」

 

 

展望台を降りると、今度は野外ステージで次男と娘のコンサートごっこが始まりました。

それを、少し離れたところから長男と一緒に眺めます。

 

次男と娘は笑いながら走り回っています。

 

 

「こんなとき、本当に幸せやなって感じるわ。ありがとう。」

 

 

この機会を作ってくれた長男に、心から感謝しました。

 

 

夏になったら、ジャングル地帯になっているスネ毛を脱毛すると意気込んでいる長男。

2ヶ月かかってやっと中耳炎が治ったものの、水が怖くてプールを避けようと必死になっている次男。

ひらがながなかなか読めず、私と一緒に毎日朝晩ひらがなの練習をしている長女。

 

みんな、元気。

みんな、ありがとう。

 

一生書生

息子がバイト先の女将さんのお誕生日に焼いたクッキーの残りを、半分くらい一人で食い散らかし、

そのクッキーを楽しみに帰宅した息子の分が私の3分の1もなかったという、鬼母AG高橋です。

 

 

「人は一生育つ」

どこかの会社のコマーシャルにありましたね。

実際、その通りじゃないかと思うんです。

つまり、「人は一生学べる」。

以前読んだ本の中に、90歳でフランス語の勉強を始めたおじいちゃんのお話がありました。

普通、始めませんよ…? 90歳で外国語の勉強なんて。

 

「わしゃ、もう歳じゃから。いつお迎えが来るかも分からんのに。

迎えに来た神様にボンジュールってか?」

 

これが一般的な考え方なのではないでしょうか…?

 

 

でも、人はいくつになっても、というより年を重ねれば重ねるほど懐が深くなっていきます。

若い学生だった頃には全く興味がなかったようなことも、面白いと感じるようになった経験がありませんか?

 

 

会宝産業さんでは、毎年6月と7月に社内勉強会を開催しています。

 

kaihou2

kaihou3

6月7日は「中国マーケット勉強会」

講師は現役社員さんの李炳哲先生。

中国出身の李先生は、5月に帰国した際に、母国の自動車市場や自動車リサイクルについて入念に調査し、

この勉強会の為に準備してくれたそうです。

中国の自動車事情について、貴重な情報をたくさん仕入れてきてくれた李先生のおかげで、

勉強会は素晴らしいものになったそうです!

 

 

kaihou kaihou1

6月9日は、「カレーの作り方勉強会」

講師は元会宝産業さんの社員さんで、現在は金沢市広阪にある、

金澤ななほしカレーオーナーの西橋俊光先生。

この日は、煮込みのコツ、仕上げのコツ、隠し味などのレッスンがありました。

 

 

 

 

 

kaihou4

6月16日は、「行動経済学勉強会」

講師は北陸大学講師の島義博先生。

とても難しい専門的なお話かと思いきや、とても分かりやすく面白い講義だったとか。

感情に動かされる経済、経済における利他性についてのお話しがあり、終わってみれば1時間も延長!

 

 

 

kaihou5

6月21日は、「車いじり勉強会」

講師は会宝産業さんの社員さんです!

やっぱり車がお好きな社員さんが多いんですね。

好きな人にはたまらない、専門的で濃い内容だったようですよ!

 

 

 

kaihou6

 

 kaihou8

6月23日は、「メンタルトレーニング勉強会」

講師は熊谷史佳先生。

かほく市で活動なさっているNPO法人、クラブパレットからお越しいただきました。

毎日の生活の中で、気が付かないうちに溜まっていくのがストレス。

でも、忙しくてなかなか自分のストレスと向かい合う時間を持てないもの。

そのうちに、またストレスが溜まってしまう… という悪循環。

自分が何にストレスを感じ、それがどんなものかを把握し、きちんと向き合う方法を伝授して頂きました。

これは大切なことです!

 

 

 

自分が働く業界のことを深く知るのはとても大事なことですが、

まったく異なる業種で働く人から学ぶことも多くあると思いませんか?

 

 

 

人は一生書生。

いつでもいつまでも一人の学生。

いくつになっても何かにワクワクすること、何かに好奇心を持つことって大事だなと思います。

 

 

 

 

ところで、とても有意義で面白そうな会宝産業さんの勉強会ですが、

実は社員さん以外の方もご参加頂けるんです!

 

次回は7月5日(火)

お題は 「食品&野菜作り勉強会」 です!

農薬、化学肥料を使用しない野菜の作り方と、無添加食品について学べますので、

この機会にぜひいかがですか?

日程など、詳細は こちら 

 

 

 

 

さて…

話はいきなり変わりますが、とても重要なお知らせです!

 

kaihou9

ガリバー金沢増泉店さんが、この7月にオープン20周年を迎えるのですが、

それを記念して 「感謝!20周年祭!!」 を開催なさいます。

 

 

7月1日~7月18日のキャンペーン期間中、ガリバー金沢増泉店さんで中古車をご購入、

またはご売却された方には、なんと!!!

 

 

会宝産業さん✖宝達志水町の農家さんが手塩にかけて育てた

「宝志米」 がプレゼントされます!

 

 

お店でアンケートにお答え下さった方や、無料査定をなさった方にも「宝志米」が

プレゼントされるそうです!

 

ぜひぜひ!このチャンスを見逃すことなく、チラシを持ってガリバー金沢増泉店さんへお出かけください!

ガリバー金沢増泉店さんのブログにもお得な情報が盛りだくさん!

 

お米の国の社員だもん!

先日の夜、唐揚げとクッキーを思う存分食べたところ、その後、お腹に異常なほどの突っ張りを感じ、

案の定、膨らんだ胃が背中を圧迫、強烈な背中と胃の痛みに襲われ、結局、明け方近くまで

布団の中でのたうち回ったAG高橋です。

 

 

さて。

先月、会宝産業さんが販売しているトマトとお米の紹介をさせて頂きました。

 

そして今月。私は非常にたまげました。

なぜなら…

会宝産業の社員さんが自ら田植えをしていることを知ったからです!

 

 

 

kaihou 

 

5月22日の日曜日。

宝達志水町の会宝水田で田植えが行われました。

 

ちなみに、恒例 だそうです。

ということは、毎年やってるんですね…?

 

 

 

kaihou2

 

そうです。毎年やってるんです!

びっくりしました。

今年は総勢60名。

会宝産業の社員さんやそのご家族、バイヤーさん、農業事業部に関わる方たちが参加したそうです。

 

 

kaihou5

 

先月も書きましたが、会宝産業さんのブランド 「宝志米」 は、『ローマ法王に米を食べさせた男』 で、

その名を全国に知られるようになった 「神子米」の生産地、 「神子原(みこはら)地区」に近い場所で、

農家の方たちによって丹精込めて作られています。

 

ですので、てっきり田植えから栽培、収穫まで、すべて農家の方たちだけでなさっているものだと

ばかり思っていたら…

 

 

 

kaihou6

 

農業事業部の稲作担当の方によるレクチャーの後…

 

 

 

kaihou7

 

親子で泥水に足突っ込んで、植えるべし!植えるべし!

 

 

kaihou8

 

皆で力を合わせて一時間…

 

 

 

kaihou3

 

「やったー! 頑張った!植えたぞ!植えたぞ!」

 

ちなみに秋には、収穫祭もあります。

もちろん、こちらも毎年恒例だそうです。

 

 

この恒例行事には、 「食物があるからこそ豊かな生活ができ、そして幸せを感じる

ことができる」 ということを実体験から知ることと、子供たちの食育というふたつの目的があるとのこと。

 

 

kaihou4

 

 

皆さん、ご記憶にありませんか?

子供の頃、初めて自分で作った何かに感動した経験。

初めて自分で何かを育てたときの喜び。

初めて何かを体験したときの高揚感。ワクワクした気持ち。

 

初めて自分で作ったご飯に感動しませんでしたか?

家族のために初めて自分で作った夕飯。

みんなに 「美味しい」 と言って食べてもらった思い出。

 

初めて自分で育てたおたまじゃくしやカブトムシ。

初めて自分で作ったプラモデル。

初めて自転車に乗れたとき。初めて泳げたとき。

 

どんなに素敵で感動的な物語や映画を観たり聞きするよりも、実際に自分で何かを体験した時の

喜びの方が何十倍も何百倍も大きいと感じたことがありませんか?

 

自分の手で植えた苗から育つお米に愛情が涌かないわけがありません。

 

田植えに参加なさった皆さん。本当にお疲れ様でした。

秋の収穫祭のご報告を楽しみにしています!

 

 

皆さんが手塩にかけて作った「宝志米」は、こちらからお買い求めいただけます

 

 

P.S.  お読みになった方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、会宝産業さんの記事が

5月19日 と 20日の北國新聞に掲載されました!

まだご覧になっていらっしゃらない方は、ぜひご一読ください。

 

 

カレーパン作ってみました。

わっしょいどんどんです。

先日、 テレビ番組 「マツコの知らない世界」 でカレーパンの特集を観てからというもの。

もう何年もくすぶっていた情熱が、とうとう沸騰点に達しまして…

 

そう…

 

 

カレーパンを手作りしてみたい!

揚げたてのカレーパンをうちで作って食べてみたい!

 

 

この想い。今こそ遂げずにおくものか!

 

 

というわけで…

 

 

クックパッドなどのレシピを参考にしながら作ってみましたよ!

 

 

IMG_2008

何より一番面倒くさいパン生地は、ホームベーカリーにおまかせなので気が楽です♪

 

 

IMG_2009

中身の具のカレーです。これはもう、好きにしちゃっていいような気がします。

カレーの残りを入れちゃってもいいんじゃないでしょうか。

上の写真は、合いびき肉、玉ねぎ、にんにく、カレー粉、ガラムマサラ、市販のカレー粉、水、醤油。

すべて適量。いや適当 笑。

途中で味見などしながら、お好みの味に調えましょう。

 

これを5分くらい煮込んだ後、冷ましました。

ここできちんと冷まさないと、パン生地に具を包む時に、

パン生地がダレてしまうんじゃないかと思いますので、必ず冷ましましょう。

 

※具はあまり水分が多すぎてはいけません。

パン生地から染み出たりすると、揚げる時に爆発する原因になります。

 

 

IMG_2012

パン生地が出来上がり! 今回は8等分しました。

パン生地は出来上がってからすぐに機械から取り出さないと、発酵が進んでしまいますので、ご注意を!

 

さて、この次ですが…

すみません… 実はつい作業に夢中になって、写真を撮り忘れてしまいました!

ごめんさない!

 

 

上の写真の後は、パン生地を丸く綿棒で伸ばします。

※ここでの注意点は、生地を薄く伸ばし過ぎないことです。

揚げるときに、具の重さに耐えきれない生地が破れてしまって、中身が飛び出してきてしまいますから。

 

 

綿棒で丸く生地を伸ばした後は、片側に具を載せて半分に折りたたみます。

この時に、きちんと端から端まで、ふちを指でギュッと押さえて完全に閉じましょう。

さもないと、揚げた時に破裂して、具が熱い油の中へとダイブしてしまい、

コンロ周りが大騒ぎになってしまいますから!

 

ちなみに、私は1回目のチャレンジの時、この工程で中華まんのように包んでしまったために、

揚げている最中に大爆発!失敗の巻に終わってしまったのです。

 

イメージはカレーパンマン、あるいはオムレツです。

横にビヨーンと広がった半月のように成形するといいんじゃないでしょうか。

この後、クッキングシートなどの上に置きましょう。

 

 

IMG_2005

その後、霧吹きで表裏に水を吹きかけ、パン粉をまぶしたら、下ごしらえは完了です!

 

さて、ここでベンチタイムを数十分ほど設けましょう。

つまり、そのまま置いておくんですね。

こうすることでパンの発酵が進み、揚げた時に生地が膨らんで、パンがふっくら仕上がります。

 

 

IMG_2014

低い温度からじっくりと揚げたら完成です! 

1回目が爆発してしまったため、この写真はリベンジのときのものです。

ちょっと焦げちゃいましたが 笑。

何でもチーズ入りが喜ばれる我が家では、今回も入れました。

チーズが入ると味がマイルドになって、ちょっと辛めの味付けにしても、子供でも割と平気で食べますね。

 

 

「ちっ。半分に割った写真もアップしろよ…」

 

 

おっしゃる通りでございます。気が利かなくて申し訳ありません 笑。

揚げたては、チーズがビヨーンと伸びますよー。

 

やってみる前は、えらく大変な作業なんだろうなと思っていたんですが、

パン生地作りを機械にやってもらったからでしょう。

実際はさほどでもなかったですね。嬉しい誤算でした。

 

ただ、このカレーパン。長男のお弁当に持たせたんですが、

帰ってきた息子のバッグの中からは、ただならぬカレーパン臭が… 笑。

 

次回は、カレーにもっとスパイスを効かせようと計画中です!

 

 

 

 

旨いものは爆弾だ!

お花見には行ったものの、今年は桜餅を食べ損ねてしまい、こうなったら五月の節句で

見るのもイヤになるほど柏餅を食べたろかという、まるで幼稚園児のようなリベンジマインドと、

絶対に胃もたれするから止めておけという大人マインドが、ひとつの体の中でせめぎ合うAG高橋です。

 

 

 

過去記事でも一度お伝えしたことがありますが、会宝産業さんは農園も営んでいます。

会宝農園では 「アイコ」 や 「シンディースイート」 というトマトが栽培されておりまして、

その農園で作られたトマトの他にも、「宝志米」 というお米を会宝産業さんの HP から

ご購入頂けるのですが、このシステムが進化を遂げております!

 

 

一般の方のご購入ページとは別に、業者様用販売ページも開設されたのです!

こちらは、飲食店様、食品加工・製造業様など、大量購入や業務用購入されるお客様の専用サイトと

なっておりまして、会員登録なさってからログインして頂くと、業務用価格で、会宝産業さんのトマトとお米を

お求め頂くことができます。

 

 

 

 

「食べ物なんて、どこのも大して変わんないでしょ? だから、どこから買ったって同じ。」

 

 

 

今のご時世、こう考えている人はいないのではないでしょうか…?

 

 

 

特に飲食店を経営なさっている方ならば、競合他店との差別化のためにも、

食材へのこだわりは、もはや避けて通れない選択肢のひとつなのではないかと思うのですが、

いかがでしょう…?

 

 

 

 

kaihou1

 

・「永田農法」

会宝農園で作られているトマトは、 「永田農法」  ( 別名 「断食農法」 や 「スパルタ農法」 )によって

栽培されています。

この農法の特徴は、水や肥料をギリギリまで控え、作物にとって厳しい環境を作り上げることで、

野菜が本来持っている味と栄養価を引き出すというもので、この農法で栽培された作物は、

糖度や栄養価が飛躍的に高くなることが実証されています。

 

 

 

kaihou2

 

・特別栽培米

会宝産業さんが販売する 「宝志米」 は、「ローマ法王に米を食べさせた男」  で全国的に名前が

知られるようになった 「神子米」 の生産地である、神子原地区にほど近い場所で栽培されています。

能登の最高峰、宝達山の清らかな水を使い、自然豊かな環境の中、農薬や化学肥料を5割以下に

抑えて生産されたお米です。

種もみの消毒はお湯のみ、苗床や田んぼの土作りはもちろん、水、収穫期、保管に至るまで、

とことんこだわったお米なのです。

 

 

 

 

お店の看板やメニューに、バーン!と載せてみてはいかがでしょう?

LINE や facebook で思う存分アピールしてみてはいかがでしょう?

 

 

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

 

 

「腰が抜けるほど甘くて旨いトマト使ってます!」

 

 

 

a7b7298d3960185fbbf718052f853f5c_s

 

 

「能登で作った爆弾級の特別栽培米です。

違いを確かめてください!」

 

 

 

他のお店が始めちゃう前に、今すぐどうぞ!!!

 

 

きっと、腰を抜かしたくてウズウズしているお客様が、

爆弾級にたくさんご来店下さること間違いありませんよ!?